砕刀飛鳥(刀矛/鉄砲)です。
はい。
どうしたものやら、です。

昨夜は…、ああ、ログインしてないんだ。
信オンのネタではありません。

さて、ビットコインFXが、面白いようにトレード益を取れる相場です。
指値でおいて、指値で回収。
ボラが激しく、かつ上昇トレンド。
デイトレでロング中心だと、多少高めで買ったときも、更に高く売れるのですから。
といってもFXは、現物と違い、ショートもできますし、レバレッジ増幅もできます。

仮想通貨は二年少々前、1ビットコインが30万円未満のころにはじめました。
一昨年の年末に200万円をこえるピークに達し、その後に暴落と低迷。
とはいえ、昨年の仮想通貨市場低迷期でさえ、私が始めたタイミングよりも高価格を維持。

開始タイミングは、まさに運というか。
もし開始が半年ほど遅れてたら、そりゃ、ヤバかったでしょうね。
スキルとは関係なく、ただのタイミングが、高値掴みせずに済んだというだけで。

タイミングを誤ると、商売の天才の孫正義でさえ、140億以上の損失を出すのです。
孫正義がどれだけ損得だしたとかいうのは、報道レベルでしか知りえませんが。
でも実際、得をしてたら、ハッキリと否定コメントを、エビデンス付きで会見しそうですよね。
まぁでも、彼の資産からしたら、大して痛くもないのかもです。
彼は長者番付では2兆数千億くらいだったかな。
まぁ、「…柳井に負けたくねぇな…」くらいには、思ってるかも知れません。

そのビットコイン自体の価格が、今月1ビットコインあたり100万円相当まで急回復。

昨年の仮想通貨低迷期を仮想通貨FXトレードに比重を移して乗りきった今は、ボーナスターンなのでしょう。
仮想通貨低迷期も、トレード能力アップには、とても良かったです。
何しろ下降トレンドでもトレード益を取れるのがFXの良さですからね。

まだまだ未成熟で不安定な市場ゆえ、特に仮想通貨投資をすすめるわけではありませんが、口座作るのは無料。
中には数千円程度のボーナスついたりするトコもあります。
口座だけ作り、気が向いたら…くらいは、ありかもですね。
トレード益取りに行くには、不安定で激しく上下するほうが、ラクな面もありますけど、これも個人差あるでしょうし。

それでは引き続き、戦国の世をお楽しみください。